子供の身長を伸ばしたい。サプリはこれ

子供の身長を伸ばしてあげたいと思う理由はなんですか

子供の身長伸ばしたい

子供の身長を伸ばしてあげたい一番の理由は、子供に自信ある人生を送る一つのきっかけを与えてあげたいからかもしれません。

 

私の作る食事や、準備してあげられる環境、補助食品等でそれがかなうのなら、何かしてあげたいと感じています。

 

お腹から出てきたばかりの我が子は、50p程の小さな存在でしたが、3か月で60p、6か月で70p、1年も経つと80pとみるみる成長していきました。
私が与えた母乳や食べ物だけでぐんぐん育つ赤ちゃんをみていると、自分が与える物が、そのまま血肉になっているのがはっきり解って少し怖くもなりました。

 

自分が与える物によっては、このまっっさらな命に害があるかもしれないと栄養の事、食の安全、アレルギーの事が気になり始めたからです。

 

しかし責任を感じる一方、子育てのおもしろさも感じました。
何を与えれば、より健康にすくすく育つのか。

 

生まれた頃は、子供の身長を伸ばしてあげたい理由というのは特になく、すくすく育っていくのをただ眺めているだけで、とっても楽しかったものでした。
自分の身長を越して、この赤ちゃんがやがて大きな男の子なって、その子の顔を見上げている自分を想像するだけで、ただうれしかったからです。

 

幼稚園の頃は、誕生月によって体格差が歴然で、小さい子はやはりかわいそうに感じました。
小学校の頃は、背の高い・頭のよい・スポーツが得意な子が女の子に人気です。
我が子にもなんとか負けて泣いてばかりにならないように、少しでも自信ある子になってほしいと感じるようになりました。

 

親の努力で足りない部分を助けてくれる補助食品があれば、子供の背をのばしてあげられるかもしれません。

 

色々な選択を賢く利用して、子供の人生をよりよくしてあげたいですね。

 

親ができることをしっかりと取り組むことが大切ではないでしょうか

 

できるなら、安全で、効果が期待される子どもの補助食品を試してみたいと思います。
続けられるかどうか、わからないので、まずは1000円以下がいいでしょうか

 

初回、980円のこどもサプリはせのびとーる。詳しくはコチラ⇒https://senoll.com/

 

 

 


子供の身長が伸びない、成長が遅いと悩んでいませんか

子供たちに食べさせたいフルーツ

子供の身長、気になりますよね

 

人は人の子、自分の子は自分の子とわかっていても、つい比較してしまいませんか?

 

幼稚園の入園式、うちの子、ちょっと身長が低いのかな?
発達していないのかな?

 

でも、このころは早生まれの子は絶対的に不利なので、あまり気にしません。
本当に気になるのは発達期、成長期、反抗期に入るころからです。

 

本人も気にするようになります。同級生がどんどん大きくなるのに、なぜ私だけ、僕だけ身長が伸びないの?
どうして身長が伸びるようにならないの?

 

それは小学生の高学年から中学生くらいからでしょうか。

 

バレーボール、バスケット、野球やサッカー、ほかのスポーツでも身長が高ければ有利な競技は「たくさんありますよね
特にプロスポーツを目指しているなら、大きくならないとパワーはつきません。
野球なら、メジャーに行くピッチャーは185センチ必要と言われる時代になってきました。ダルビッシュ有、岩隈久志、田中将大、大谷翔平選手。

 

少しでも、身長を伸ばそうとしたら、親ができる努力は限られています。

 

早めに行動して、子どもと、ともに喜びを味わいましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


子どもの身長を伸ばすサプリとは?

バスケと子供身長

最近では身長を伸ばす効果が期待されるサプリメントもたくさん発売されています。
毎日の食事のほかに人気のある成長期応援飲料、サプリを買われる親が増えて、子どもの成長・市場が広がっています。

 

これらの商品を選ぶ基準は

 

1、価格
2.安心できる、評判の良いもの
3、栄養成分
です。

 

 

 

 


子供の身長を伸ばす科学的根拠のあるもの

 

子供の身長伸ばしてあげたいですよね。両親のうち、どちらかが身長が低い、また、お二人とも低い場合ですと、少しでも子供の身長は高くしてあげたいと思うのが自然です。
では、現代ではどのように身長を伸ばす方法があるでしょうか? 

 

親ができることは、すくすくのびのびと子供が伸びる環境を、用意してあげることだけです。

 

子供の身長伸ばすための知識

 

実際に身長をのばしたいと思っても単なる迷信や根拠のないものでは困ります。そこで確実性の高いことだけ書いてみます。

 

子供の身長を伸ばせる時期

 

子どもの身長を伸ばす環境作りは親しかできません。それと伸ばす時期は決まっています。普通は15歳までです。
この時期を逃すと身長が伸びる時期は2度と訪れません。勉強と違ってあとから取り戻すことはできません。

 

子供の身長 平均 計算式

 

男子の身長=(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2
女子の身長=(父親の身長+母親の身長−13)÷2+2

 

身長は遺伝によってどこまで影響しますか?

 

当然、両親の遺伝子の影響で身長の高低はほとんど決まります。
両親が二人とも小さい場合、高身長になることはまずありえません。よく言われる身長の公式の誤差の範囲で収まります。

 

しかし、できるだけ過不足のない栄養分を与えること、充分な睡眠を取ること、適度な運動をすることは、身長を伸ばす大事な土台作りです。
要は、遺伝だけですべてが決まるわけではありません。

 

戦後、日本人の平均身長は10センチ伸びました。足も長くなりました。これは生活習慣の違いや栄養以外の何ものでもありません。

 

できるだけ、バランスの良い食事とともに、意識した栄養成分を摂取しましょう!
身長を伸ばす効果が期待される栄養素はタンパク質、カルシウム、アルギニン、亜鉛などです。

 

 

 

子供の身長を伸ばす要素

子供たちのジャンプ

子供の身長を伸ばす要素は以下のように大きなポイントは5つあります。

 

どれかが欠けていてもマイナス要素になりますので、少しだけ意識して家族で生活してください。

 

お父さんとの触れ合いもお子さんの成長、たくまししさを育てる大事な要素です。
ご夫婦が仲良くが、理想ですが、簡単ではないでしょう。できるだけ、意識して家族全員でそれぞれの成長を楽しみましょう!

 

充分な睡眠

 

適度な運動

 

栄養(カルシウム、タンパク質、ビタミン、アルギニン、亜鉛など)

 

成長ホルモン

 

成長バランス

 

です。

 

子どもの身長を伸ばすのを妨げになるもの

 

でも、身長を具体的に伸ばす方法、正しい知識を持っている人は少ないと思われます。
逆に身長が伸びない原因は上記の逆で

 

 

 

夜更かし

 

運動不足

 

好き嫌い、栄養不足

 

成長ホルモン分泌不足

 

遺伝(25%)

 

です。

 

成長期は特に栄養と睡眠だけでなく、成長ホルモンをきちんと分泌させることです。
カルシウム、タンパク質だけでなく、成長ホルモンが一番分泌される深夜に熟睡していることです。

 

しっかりと子どもの行動を見守りましょう。

 

 

 

子供の身長を伸ばす方法とは

 

 

子供の身長を伸ばすには、成長期の大切な時期(0歳〜15歳)を子どもを観察しながら、心と体の栄養分をたくさん与え、大切に過ごすことです。

 

勝手に大きくなる子どももたくさんいますが(笑)、なかなか大きくなれない子供もいます。でも少しでも十分な栄養を与えて伸びるチャンスを逃がさないでください。

 

中二病に代表されるように中学生時代の成長期は親離れする時期でもあります。つまり反抗期です。今まで従順なあの子が
親に歯向かう時期です。体の成長と心の成長が全く一致しない難しい時期です。

 

でも、いつかは親孝行な子供になると信じて、栄養を十分に与えてください。

 

あと、5センチ身長が高ければ、プロ野球に行けたかも知らない?

 

あと、10センチ身長が高ければあの子と結婚できたかもしれない?

 

など、身長によるコンプレックスは大人になっても残るものです。

 

もうすでにお分かりだと思います。できることをできるだけ限られた時間の中でやりましょう。遺伝だけで世の中解決するわけでもありません。

 

 

ハッキリ言いますが、子供サプリを飲んでも、成長期応援飲料を毎日飲んでも背が伸びるとは限りません。でも、飲んだほうが背が伸びる確率が上がる可能性が高まります。

 

でも、ほかの病気で身長が止まってしまうかもしれませんし、逆に急に驚くほど、伸びることもあるでしょう。

 

諦めず、最後まで粘り強く、育てる。その気持ちが、両親の愛に育まれた子供を体だけでなく、心も大きく成長させる原動力になります。

 


 

 

身長を伸ばすために子どもに食べさせたいもの、飲ませたいモノとは

食べさせたいモノ

子供の身長を伸ばすためには、朝食時にタンパク質をしっかり摂取すると良いと聞いたことがあります。

 

子供に食べさせたい朝、昼、夕食の考え

 

そこで我が家は朝食に和定食を食べさせたいと考えています。
具体的には、ごはん、焼き魚、具だくさんの味噌汁(キャベツ・白菜・人参・あげ・わかめ・豆腐)、卵焼き、のり、ほうれん草の胡麻和え等です。

 

しかしこれは理想であって、現実にこれだけ用意するのは正直とても大変です。
我が家には1歳児がおり、調理途中に起き出しぐずって泣くので、抱っこしながらの作業になるからです。
働く女性や介護中の方、幼い兄弟のいるお宅など、おそらくどんなご家庭でも朝は忙しく理想通りにいかないものではないでしょうか。

 

おやつの時間には、なるべくスナック菓子ではなく手作りのおやつを出したいものです。
私がよく出すのは、シラス入りのお好み焼きと牛乳です。暖かくて腹持ちもよく、お友達が何人か来ても対応可能だからです。
お腹が満たされた子供たちは、機嫌が良くなり遊びに熱中しているように感じます。

 

夜は一日トータルでバランス良くなるように調整せいます。例えば朝魚を食べさせなかった日は、シチューの具材を鳥から鮭に変えてみたり
疲労回復効果がある鳥胸肉で棒棒鶏をしたり、野菜やフルーツでビタミンを補ったりといった具合です。

 

一日の終わり、今日はうまくいったと思う日もあればダメな日もあります。そんな時に子供に安心して飲ませられるサプリがあれば良いなと思います。

 

 


子どもの身長を伸ばすための、家庭内での環境作りとは

ジャンプする子どもたち

 

 

子供の身長を伸ばすために我が家で心がけている3つのルールがあります。

 

ルール1 朝食をしっかり取る。

 

ルール2 体を動かして良く遊び、お家ではリラックスして過ごす。

 

ルール3 夜10時から2時に熟睡できるよう夜9時には消灯する。

 

 

ルール1について

 

朝は6時に起床します。この時お腹がすいて自然に目が覚めると一日気分が良いので、前日の夕食を決まった時間までに済ませるようにします。
朝食時にタンパク質を取ると子供の身長を伸ばすのに良いと聞きます。そこで可能なかぎりパンだけなどということにならないように
和定食を用意します。焼き魚やゆで卵、ヨーグルトや牛乳などタンパク質を含む食品を加えて、午前中の体の成長に役立つ栄養をしっかり取ります。

 

 

ルール2について

 

午後子供が学校から帰宅したら、お友達とたっぷりお外遊びをさせます。
我が家は週に1回プールで全身運動をしたり、スケートに行ったりと、体を動かす習い事も利用しています。
5時から6時台に夕食と入浴を済ませ、7時台に宿題を中心にした勉強をさせます。

 

この時ダラダラやらないで短時間集中でわからない所を復習しておきます。
それが終わればリラックスタイム。私も一応子供の学習の状況チェックして安心しているので、ガミガミ子供を叱らずにすむので楽です。
子供がくつろいで、ダラダラしているのを余裕で見守る事ができます。

 

 

ルール3について

 

午後9時になったら消灯します。ここで朝目覚めやすいように仕掛けを2つします。
一つ目は、カーテンを少し開けて朝日が差し込むようにしておくことです。
二つ目は、子供が見たがるTVは録画しておくことです。

 

これを朝6時からCMを飛ばしながら再生します。すると子供がTV見たさにぱっちり目覚めて起きてきます。
何度も子供を起こしたくない私にぴったりの手抜き方法です。

 

このように3つのルールを守って生活しているせいか、子供の身長はクラスでも高い方をキープしています。
生活リズムが良い循環をすると、身長を伸ばすのに必要な栄養素が効率良く体に取り込まれているからではないでしょうか。